トレイル開拓に行きたいです


by masa5trailcutter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

レースとの付き合い

d0027036_16204125.jpg 突然だが、僕はレースがそれほど好きではない。
ジャパンシリーズに出てるヤツが何を言うねん!
とツッコまれそうだが、
まぁ、理由はいろいろとありまして。

 まず第一に、自分の遅さにヘコみます。
まぁ別に、俺は速いライダーだ!
なんて思ってるわけじゃないし、
自分と他人とを比べても仕方ないんですが、
ついつい自分の位置というものを確認してしまいたがるもの。
で、実際に順位をつけられると正直がっくりきます。自信なくします。
それだけ遅いってことですが。
 次に、レース前・中のあのなんとも言えない緊張感。
レースなので、緊張感があってしかるべきなんだが、
僕の性格上、プレッシャーに非常に弱い。
走っていてもなんか常に急かされている気がして、
焦っていつもの自分の走りができない。
 続いて、コースがオソロシイ&シンドイ。
当たり前やけど、J・シリーズのコースは難しいし、やっぱコワい。
うわ~、走りたくねぇ、なんでこんなとこ走らなあかんの、
ってとこをわざわざ走らないけません。

 共通して言えるのは、「楽しんで走れていない」ということ。
レース2年目に入ってだいぶんマシにはなったけど、
「楽しく走る!」のがモットーの僕としては、
これはあまり好ましい状況とはいえません。
みんなでそこらの山に行って、
ワイワイ言いながら走る方が性に合ってるよなぁ、と思うのです。

 じゃあなんでレースやってるかというと、
一方で自分のためになることもあるから。

 一番は、レースやってると上手くなる!
速く走ることが要求されるレースでは、
どうすれば速く走れるかを真剣に考えるようになります。
また、厳しいコースをたくさん走ることで自然と技術がついてきます。
レース始める前に比べてだいぶ上手になったんじゃないかな、と感じています。
 次に、トップライダーの走りを間近で見られる。
狭い業界ですんで、トップクラスのライダーを
至近距離で見ることなんて珍しくありません。
こないだなんかランキング1位の人とゴンドラ一緒になったし。
やっぱ上手い人の走りは華麗でカッコイイし、
(マネはできないけど)参考になります。
モチベーションも上がるしね。
MTBのいいところのひとつかもしれません。
 それから、レースでしか会えない人達に会える。
レース会場で知り合ったいろんな人達と
一緒に走ったり、いろいろ教えてもらったり。
でも一番楽しいのは、しょーもない話でゲラゲラ笑ってるときかな。
気の合う仲間で集まって喋るのは楽しいもんです。

 そもそも、僕がDHレースを始めたきっかけは、
たまたま友人からDHバイクを安く譲ってもらったから。
そして学生だから(金はないけど)時間あるし、
レースやってみれば、というアドバイスをもらったから。
今までチャリ乗ってきてどれほどの実力があるのか知るために
力試しの意味もあって始めました。

 ま、まだレース2年目。
なので、ここで書いた考えがどうなるかはわかんない。
レースが楽しくなっていけば幸いかな。
あんまり自分を他人と比べるんじゃなくて、
前の自分より上手になることを目標にしていきたい。
肩肘張らずにのんびりやっていこうと思います。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-05-31 16:05 | MTB