トレイル開拓に行きたいです


by masa5trailcutter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:メンテナンス( 24 )

テストしてみたよ(DH)

--------
チェーン・トルク・エリミネータの装着&テスト
--------

d0027036_20471695.jpgいよいよ、完成した自作の
チェーン・トルク・エリミネータを装備!
う~ん、MRPバッシュガードと同じ
ポリッシュで、見た目もいい感じ!
さぁて、実力のほどは…?
早速テストライドに行ってきた。

…おぉ!
全然チェーンジャムしない!
しかも、チェーンと接触して音鳴りするかと
懸念していたのだが、そんなことも全然ない!全く快調そのもの♪
当然ペダリングロスもなくなり、スムースな乗り味が蘇った。
多少自画自賛気味だが、これほどうまくいくとは。
まぁまだ一回走っただけだから安心はできないが、
期待以上の成果でとりあえずはめでたしめでたし。
あとは富士見にでも行って、過酷な状況下での性能を確かめたいな。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-20 21:51 | メンテナンス
レースを終えて、マシンに関する諸報告。

----------
ステムを突き出し70mmのものから50mmのものに交換
----------

まず始めに、マッドタイヤってすげぇな!と思った。
実は、今回初めてマッドタイヤというものを履いたんだが、
泥状況での強さに感心です。
そろそろいい加減スペアホイール組まんといかんなぁ。

次に、ハンドル遠いかも。
わざわざ長めのステムに交換していたんだが、
やはりDHではハンドルは近めが良いようだと思い始めた。
短いのに戻してみるか。

そして、しつこいようだが、チェーントルクエリミネータは絶対いる!
リアサスストローク時に、瞬間的にクランクを
逆回転させる力が発生するため、
ペダリングロスはもちろんのこと、
荷重抜けが発生したり、
もっと悪いことに、後ろ足がペダルから外れることがある(なかなか危険)。
完成が間に合わなかったため仕方ないものの、
CTEがあったら2秒は早くなってたはず!(きっと)
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-08 19:43 | メンテナンス

今日もセッティング(DH)

レース前ということで、本日もセッティングの続き。
まだポジション出しが完全にはできてないこともあるが、
DHマシンのセッティングはホンマに大変。

----------
BOXXER: アッパークラウンの位置を1cm下げる。キャスター角等は変更無し。
ブレーキ: リアブレーキのパッドを交換
----------

ハンドル位置が高い感じがしたので、アッパークラウンを1cmほど下げる。
ただ、こうするとアッパークラウンがフレームに当たり
転倒するとフレームがヘコむ可能性があるので要注意。
ブーツを仮につけて予防策とするが、微妙ぽい。
キャスター角はこれ以上つけるとハンドリングが重くなるのでいじらず。
クラウンの上に1mmのスペーサを挿入。
ステムの向きがずれやすかったのは、
クラウンとの間に隙間ができていたためらしい。
変更後のハンドリングは上々。バランスも良くなったように思う。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-07-31 20:58 | メンテナンス

不具合続出です(DH)

せっかくブログという便利なモノを使っているので、
チャリの作業記録というものをつけてみようかと思う。
いつ何をどんな風にセッティングしたかっていうのは
ノウハウとして大切だが、すぐに忘れてしまいがち。
これを期にメンテナンスカテゴリも設定。
アドバイス等ございましたら、カキコミよろしくです。
早速だが、今日は書くことが多い。

------
スプリング交換: 350lb×2.8(レッド)→300lb×2.8(オレンジ)
チェーンデバイス:CTEの取り付け穴を右下方へ長穴化→依然入り口でジャムる
           とりあえずCTEを外し、MRPローラを取付
リアエンド:     ブレーキング時にエンドが動くことが判明
------

今日のそもそもの目標はリアサスのスプリングを変えること。
自分の体重に対して少々硬い感があったので上記のように変更。
だが、ユニットの取り付け穴のカラーが前後とも外れん。
相当苦労して外すも、カラーが変形していることが判明。
同時に、ユニット側の穴も円じゃない…。特に後ろ側がひどい。
ユニット側の穴をヤスリでさらい、カラーもヤスリがけして取付。
とりあえずはだましだまし使うしかない模様。
スプリング変更後の感じについては、思い通りの硬さになったが、
柔らかくなった分、前上がりになった感じがして若干前後バランスが良くない。
やはり、もう少しステムを下げなければならないらしい。

d0027036_0391925.jpg続いて、チェーンジャムを起こすチェーンデバイスを触る。
ペダリングロスを減らすためにチェーントルクエリミネータ
(CTE)とかいう代物がついているのだが、
こいつがよくチェーンジャムを起こす。
ジャムるデバイスなんて、本末転倒な話だ。

ジャムるポイントはAとBの2ヶ所。
しょっちゅうジャムるのはB。けっこう危険。
コイツのおかげで先々週は激しく吹っ飛んだし。
Aでのジャムは今まで経験したことがないが、
ジャムるという情報があるからには直しておくしかない。
CTE取付穴を長くして、CTEの取付位置を少し下げた。
おっちゃんがドリルで頑張ってくれたおかげでうまくいった。
肉厚な上に、やたら硬い材料なので苦労したけど。

しかし、試走してみたがよくジャムる。
問題はやはりBでのジャム。
いろいろ考えてみるも、結局、
CTE自体を作り直すのが一番早い
という結論に達した。
つまり、ジャムらないように少し設計変更をして、
アルミを一から削り出すってことだ。
うーむ、タイヘンそう…。とりあえず採寸しなきゃな。

で、CTEは一時外すことに。
でもデバイスなしというわけにもいかないので、
とりあえずMRPのローラをつけておいた。
CTEの取付穴を長くしておいたおかげでローラは難なく取付できた。
問題はなさそうだが、明日の試走で要確認。
だが、CTEを外したためペダリングには違和感が感じられる。
CTEの意図を実感。

さて、最後に衝撃の事実が判明。
以前からジャンプやドロップなどをすると、
ブレーキが擦るという現象が確認されていた。
放っとけばいつのまにか直っていることもあり不思議に思っていたのだが…、
ブレーキングするとエンドが動いてる!
という現象をこの目で確認…。しかも人が乗ってない状態で。
はうぅ。こんな取付じゃ動きもするわな…。
どうしようもなさそうです、コイツは。
ま、走るということに関して問題はないので、いいんかな。

ふぅ、長かった。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-07-30 23:50 | メンテナンス