トレイル開拓に行きたいです


by masa5trailcutter
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:アウトドア( 33 )

かいもん

今日は早起きして、鹿児島・指宿にやってきましたよ。
目的は開聞岳!
登山は盆休み以来。
さくっと登ってきました。
むっちゃいい天気で景色が最高!
山自体は653クラスなので大したことないけど、
景色はほんますごい!!さすが百名山やな。
いやー、ほんと最高やったわ!
今年最後のいいシメになりました。
また後日写真UPします。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-12-30 16:05 | アウトドア

奥穂レポ3

そうそう、先日買ったLUMIX、かなりいい感じです。
28mmだけど、やっぱ広角レンズはいいですね。
特にこういう山とかでダイナミックな景色を撮るときは。
逆にマクロ撮影もなかなかいい感じです。
ばしばし写真撮りまくり。2日で250枚くらい。
1Gメモリばんざい。
↓クリックすると拡大します。

d0027036_16123066.jpg
        花がきれいでした

d0027036_161418.jpg
穂高岳山荘より常念岳

d0027036_16252035.jpg
テント場より

d0027036_16262770.jpg
奥穂高岳山頂より手前から涸沢岳、北穂高岳、槍ヶ岳


d0027036_1626404.jpg
         奥穂高岳山頂より西穂高岳縦走路 手前のおっさんらが邪魔(笑


d0027036_16265666.jpg
岳沢より穂高連峰


d0027036_1628187.jpg
上高地より明神岳

脚がめっちゃ痛いです。
筋肉痛を通り越して、筋繊維が明らかに損傷してる。
歩き方が未だに変です…。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-08-15 16:49 | アウトドア

奥穂レポ2

昨夜はブログ更新中に意識がなくなったので、続きです。
ルートのこととか少し詳しめに。あ、字ばっかです。


○第1日目:新穂高温泉~穂高岳山荘
岐阜県側から穂高連峰への直登ルートです。
登山口近くの駐車場が空いてなくてかなり余分に歩かされたとか、
林道歩きが長くて退屈だとか、
途中雷雨に遭って1時間ほど足止めされたりとか、いろいろあったけど、
後半の登りはほんと地獄の登りやった。

とりあえず急傾斜。
斜度40°はあるんじゃないかと思われる斜面ですよ。
それもガレガレの岩場。
さらに雪渓。極力雪渓を避けては通るけれど、
どうしても避けられないところが数箇所。
こんなところで滑ったらたぶん下まで止まらない=死。
それが終わると再び一面のガレ場。
踏んだら崩れる岩が多くて足場が悪すぎ。
目的地の山荘は見えてはいるんだけど、
何歩歩いても近づいてこない!
これにはほんと応えた。精神的にも肉体的にも。
ヨレヨレになりながら、日暮れ前に何とか到着。
この日は山荘の傍でキャンプ。
(約9h)


○第2日目:穂高岳山荘~奥穂高岳~上高地
寝坊した。。。orz  一日目に続いて遅いスタート。
まずは奥穂高岳を目指します。40分ほどで難なく到着。
穂高連峰の最高峰、奥穂高岳・海抜3190m
いやぁ!ほんとすごい景色やった。
360°周囲が見渡せて最高の見晴らしです。
槍ヶ岳がよく見えました。思ってたよりも近くに見える。
実際に歩くと遠いんだろうけど。
いつかぜひ行ってみたいです。

で、ここから。当初の予定では奥穂~西穂の縦走でした。
が、さすが「日本屈指の難ルート」
歩き出してすぐに、左右の完全に切れ落ちた恐怖の断崖!
昨日も書いたけど、ほんとヤバかった。。。
力量不足と判断して断念、奥穂へ引き返しました。
じゃあ代わりのルートどうするか。
前日登った道は下りたくない!ということで選択の余地なし。
上高地、つまり登ってきたのと反対側へ下ることになりました。
前穂高岳はスルー。
ほとんど岩場の急な下り。…長すぎ。
しんどい。しんどい!しんどいよ!!
脚が完全にヤラれました。限界。
ズタボロになりながら、上高地に下りました。
(約7.5h)

上高地に下りてきて、びっくり!めっちゃ人おるやん!
三宮センター街もびっくりなほどの人、人、人!
さすがお盆。どんだけおんねん。
で、登ってきたのと反対側へ下りてきたため
バスで新穂高温泉に向かうことになったんですが
これがまたすごい行列。炎天下1時間待ちやで。
最後の最後まで忍耐のいる登山やった。


○まとめ(?)
登りがしんどいのも、岩場が怖いのも、下りが辛いのも、何が悪いって
装備が重すぎた。特に食糧が。
ま、準備が多少足りなかったのは確かですね。
あと、こんどからは山小屋を使おうと思います。
社会人だし。
かなりラクになるだろうなぁ。
長くなったけれど、とりあえずおしまい。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-08-15 15:07 | アウトドア

奥穂レポ1

とりあえず全てがもう盛りだくさんな登山やった。
盛りだくさん過ぎてもういらないよ!ってぐらい。
北アルプスへの登山は初めてだったんですが、
さすが日本で最も険しい山脈。
圧倒的なスケール、存在感それに威圧感。
ほんとすごかった!
で当然、登山自体はそれはもうしんどかったですわ。
なんか全線にわたって罰ゲームみたいやった(汗

まぁでも、なんとか天気が持ってくれて
ダイナミックな景色が存分に楽しめましたよ。

今回、2度ほど生命の危険を感じました。
これは誇張とか脚色とかではなくて、
リアルな話
1つ目は斜度30度超の雪渓で足を滑らせたとき。
2つ目はナイフエッジ状の岩稜に取り付いたとき。
背筋がゾクっとしました。
安全マージン≒ゼロ。
文字通り死と隣合わせ
ここでは人間なんてほんと簡単に死ねるなぁ、
などと冷静に考えてる自分がいました。
その一方で「生きてる実感」を強烈に肌で感じてた。
「俺、まだ生きてるよ」って。
こんな経験何年ぶりだろう。
ここまでなのは初めてかもしれん。
何はともあれ、ほんと安全には注意したいものです。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-08-14 23:59 | アウトドア

06富士山まとめ

昨夜は民宿で全員爆睡して、今日のんびり帰ってきましたー。

今回の富士山、実は一週間前に突然誘われたんです。
ほんと突然で心の準備もままならないままの出発やった。
荷造り始めたのなんて出発の5時間前ですよ。

僕自身は3年ぶり、今回で4回目の富士山。
5人パーティでの夜間登山でした。
今回初めて、自転車なしで登ってきたよ。
やっぱチャリないとラクだわー(笑)
そうは言ってもしんどいもんはしんどいですがね。
特に今回は全くトレーニングなしで挑んだので
なかなか辛いのものがあったです。
それに天気も悪かったし。
登山開始とともに雨が降り出してきたのには正直ナエた。
そしてザックカバーを忘れたことに気づいてさらにナエた。
山中では強風と雨が四六時中吹き付けてくるのでほんま大変。
超寒い(0℃くらい)のは言うまでもなく。
さらに運転疲れに睡眠不足と、なかなかの悪条件ぶり。
残念ながらメンバーのうち2名が途中で引き返し、
全員で頂上に立つことはできず。
それでも、僕ら若者3人はなんとか頂上まで登りきることができました。
途中できれいな風景も見られたし。
よかったよかった。

が、登りよりもさらに辛かったのが下り。
ちゃんと下山道があるのはいいんだけど、
ジグザクの単調~かつ例によって急な坂道が延々!
ぜんっぜん面白くないし、これが辛くて辛くてたまらん!
常にスクワットやってるみたいな状態で
ひざやら足首やらを痛めかねませんな。
来月のためのええ筋トレやと思ってひたすらガマンしました。
でないと帰れないしな。
あれはほんとにつまらんかった。
あと、あれはほんまに自転車欲しい。。。

さて、へろへろになって下山後、風呂に入り、数時間寝てから、
のんびり富士山の写真を撮りに行きました。
幸いにも雲が晴れて美しい富士山を見ることができました。
あれのてっぺんまで登ったんかー、と思うと感慨もひとしお(?)
遠くから眺める富士山はほんときれい。最高。

d0027036_1203579.jpg


てなわけで、まったくまとめになってないけど
(これでもだいぶはしょった)、以上06富士山概容でした。
確かに天気はあまり良くなくて残念だったけど
それでもきれいな景色を眺める機会がいくらかあったのは
あの気象状況下においてはとてもラッキーでした。
それ以上に、今回の旅もワイワイ楽しくてよかったなー。
いつも思うけど、年齢も仕事も全然違うけど
こうやって集まって楽しくやれる仲間がいることに感謝です。


06/07/16(SUN)
山梨県吉田口ルート
天候:雨・強風
01:30 スバルライン5合目駐車場出発
07:30 吉田口山上着
07:55 下山開始
10:25 駐車場着
(登り6h/下り2.5h)
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-07-17 23:59 | アウトドア

生還

なんとか生きて帰ってきました。
どこへ行ってたかといえば、
日本で一番高いところ、そう、富士山です!
天気悪くて辛かったけど、
一応なんとか上まで登ってきましたよ。
つもる話はいろいろあるけれど、
とにかく今はしんどい!!!
ので詳細はまた明日。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-07-16 15:49 | アウトドア

遠くへ

せっかくの連休ということで、
今からちょっくら遠くに出かけてきます。
天気持ってくれればいいんだけどなぁ。
とにかく、死なない程度にがんばってくるよ。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-07-15 18:07 | アウトドア

屋外焼肉

今日は研究室毎年恒例(?)の耐寒BBQ大会。
耐寒といっても今日はお天気もよく、
ぽかぽかあったかくて絶好の野外焼肉日和でした。
野外でワイワイ言いながら肉を突っつくのは楽しいですな。
なんか野外ってだけで安い肉もおいしく感じられます。
ぇえ、炭火はいいですよ、やっぱ。

BBQ楽しかったです。
ババロアうまかったです。
お誕生日おめでとうございます。
ホッピング習得おめでとうございます。
ロックのかからない後部ドア、ステキです。
今にも壊れそうなママチャリウイリー最高です。
今日の全ての事柄に関わった全てのみなさん、お疲れ様でした。


    ------

大学に戻った後、BBQ大会の興奮冷めやらぬまま、
大学バックステージツアー(??)に出かけてきました。
楽しんでいただけたようで何よりです。
よかったらまた行きましょう。(もう行かないか)
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-11-23 23:43 | アウトドア

秋を感じに

d0027036_23493544.jpg京都へ行ってきました。
京都観光なんて相当久しぶり。
八坂神社から始まって、
知恩院・平安神宮・銀閣寺・清水寺など、
京都の東山方面をあちこち回ってきた。
紅葉はまだそんなに進んでなかったけど、
少し奥まったところや、標高の高いところでは
きれいに色づいた木々が見られて満足。
清水寺では夜間特別拝観をやっていて、
暗闇にライトアップされた清水寺はとても幻想的。
たまにはこうやって「和」を感じるのもいいものです。

d0027036_2336038.jpg
d0027036_23391252.jpg

…ちなみに、今日のこの行程、ぜ~んぶ歩きでいきました。
ざっと17km。かなりお疲れ。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-11-13 23:39 | アウトドア

石鎚フォー!

d0027036_15181341.jpg…夜はあまりに寒くて熟睡できんかった。
ときおり強風でテント浮くし。

石鎚山・東稜ルートを登ってきた。
一般に使われるルートではなく、
難ルートとされるルート。
急斜面の笹コギ。
所々岩登り。
ちなみに軽く雪山登山。
めちゃ寒かった。
結局山頂付近は雲がかかったまま晴れず。
天気がよければかなり絶景だったんだけど。
とっても残念。
まぁでも、3人でわいわい言いながらの登山はとても面白かったですゎ。


d0027036_15351672.jpg

←崖ですねー。
こんなのをいくつか登っていきます。


d0027036_1535312.jpg


写真右上に見える木に向かって歩きます。→
ちなみに左側は20mくらいのガケ。
なかなかスリリング。


d0027036_15354795.jpg


←上の写真の岩を越えたところから振り返って撮影。
でもまぁ足場もホールドもしっかりしてるので、
ゆっくり行けばなんともないです。



d0027036_1536237.jpg


石鎚山・天狗岳南面の絶壁。→
西日本最高地点です。
ガスってなんもみえねー。
ちなみに100mくらい下まで何もありません。


d0027036_15373761.jpg


←もみじ。
今年も紅葉はあんまりきれいじゃないねぇ。




d0027036_1536203.jpg


石鎚スカイラインより、石鎚山遠景→
山頂は雲がかかったまま晴れずじまい。




石鎚の素晴らしさがまるきり伝わらない写真ばかりで悔しいので、
3年前に撮った写真でおさらい。

d0027036_15423277.jpg

←正面が天狗岳。
左下のギザギザの尾根が東稜。
こんなとこを登ったんですな~。
奥に見えるのが土小屋です。


d0027036_15411721.jpg


→石鎚南面の絶壁。
今年もこれを見たかったなぁ。


今度行くときは、快晴の日に東稜ルートをリベンジしてやる!
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-10-23 23:42 | アウトドア