トレイル開拓に行きたいです


by masa5trailcutter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:バニーホップ ( 8 ) タグの人気記事

マニュアル
僕の持論では(何を偉そうに)
1度マニュアルとバニーホップをすれば
そのバイクの性格がすぐわかる、と思う。
バイクのジオメトリの微妙な違いが
マニュアルやバニホのしやすさという形で如実に現れるので、
この考え方は間違ってないはず。
「マニュアルやバニホができる
=体重移動がしやすい
=自分の身体に合っている」

ともいえるので、マニュアルとバニホができるバイクは
たとえ乗り慣れていなくとも、
それなりに扱えるバイクであるとも言えます。
他人の自転車借りたときはいつも、とりあえずマニュアルしてみます。
というわけでマニュアルのしやすさは
そのバイクの扱いやすさのひとつの指標になると思うのですよ。

で、STPの場合はどうかというと、
とてもマニュアルがやりやすい。
いいことです!俺マニュアル大好きやし。
もうちょっと詳しく見てみると、
フロントリフト時はやや反応が鈍い感じがする。
これはトップが長めなのが一因。
ま、フロントが軽いので苦にはならない。
一方リフト後はその状態をとても維持しやすい。
B.B.位置が高いとバランスがとりやすく、パワーがかけやすいです。
また、トップが長めなのも影響してる。
このトップが微妙に長めなのがかなりいい感じ。
いいシゴトしてるなぁ、GIANT!
[PR]
by masa5trailcutter | 2007-11-13 21:21 | ハードテイル

練習

また今週も、研修。
やっぱ市内通勤ラクやわぁ。
早く市内に転属してー。

さて研修の帰りは決まってチャリの練習です。
なんか今日はちょっとばっかし調子よかった。
最近バニホがイケてないなぁと思っとったけど、
単にマニュアルアップ後
伸び上がる直前のタメが足らんかったんやな。
今さらようやく気付いたわ。
昔は気をつけなくてもちゃんとしよったのに。
いつのまにか忘れてる…。
とにかく、焦って跳ぼうとしたらあかんのね。
じっくり、でも期は逃さず。
そこが難しいんだけれど。

で、ここんとこ全くメイクできてない45cmステアのアブバカ。
身体のキレの良し悪しを見るための指標にしてるんですが
今日は、、、うーん、おしい!
かなりええ感じにステアに乗るんやけど、
うまいこと戻れへん。。。
でも、今日のこの感じはいい流れだな。
がんばって練習するべ。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-11-29 23:14 | ハードテイル

アバラの次は

今日も研修。
なんかいきなり難しくなった。
あんまり理解してないとこもあるけど
ま、いっか。

帰りにちょいと自転車に乗って暴れてきました。
アバラが治りきってないので痛いです。
というか悪化した気が…
んでもってなんか腰までイタイ。
バニホは順調にヘタくなってるし。
うぅー。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-11-17 23:55 | ハードテイル

公園ライド

会社帰り、公園ライドしてきた。
劇的に下手っぴになってた。
何もかもが。
バニホもビミョーな感じ。
アブバカなんて結局一度もメイクできず。
筋力自体が落ちてるな。
ほんと、練習しなきゃ。
あ、ウイリーは調子いいけどね。

さて、昨日サスオイルを少し重くしたせいで、
全般的にレスポンスが悪い。
やっぱ少しオイル量減らすか。
それから、リアブレーキが若干パワー不足なのが気になる。
8インチ化しよっかな~。
小一時間ほど練習すると、少しは体が動くようになってきました。
明日も乗ろうかな。
[PR]
by masa5trailcutter | 2006-06-12 20:22 | ハードテイル

基礎は大切

先日のバニーホップの調子が悪いという記事では、
跳ぶタイミングの感覚がズレてるという話を書いた。

たしかに、タイミングがズレてるのは本当。
なかなか修正が難しい。
でもこないだ、もっと根本的なことに気が付いた。
それは、
筋力落ちてる。

もっと早く気付けよ、と言われそうだが。
日曜にTR練したんだけど、翌日からヒドイ筋肉痛。
特に背筋が。
それで気付いたワケです。
けっこう弱ってたみたいで。
最近集中してダニエルとかやってなかったしなぁ。
筋力面においても、
やっぱトライアルはMTBの基本なんだ(そうなのか?)
ということを認識させられました。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-09-16 21:21 | ハードテイル

基礎バニーホップ特論

最近、バニーホップの調子がよくない。
7/24の記事では痛い目にあったことを書いたが、
どうやら知らず知らずのうちに跳び越える物との
間合いが近くなってるみたいだ。

よくよく考えてみると、
最近はバニーホップで跳び越えるor跳び乗る
という機会が減ってる。
2年くらい前までは毎晩公園でST&TRの練習をしてたけど、
最近はめっきり行ってない。
それに、DHレースを始めてからは
レースに適したBHばかりになってしまってる。

DHでBHが必要な場面といえば、
 ・急に傾斜が変化する場合にプレジャンプを入れるとき
 ・水切りなどの凹んだギャップを跳び越えるとき
 ・荒れた路面を抜重して走りたいとき
など、DHでは基本的に高さのいるBHは要求されない。
それに、いち早くフロントのグリップを取り戻して、
次のコーナリングに備えなければならないので、
必要最小限の飛距離&フロントロー着地が基本
第一チャリが重くてそんなに跳べない。

とまぁ、こんな感じで近めの間合いに
慣れてしまったんじゃないかなぁ、と自己分析。
凸なものを跳び越えるのと、
凹なものを跳び越えるのとでは
少々事情が違うのです。

高さを出すバニーホップは
思っているよりもかなり手前でアクションを開始しないといけない。
間合いが近い=後輪を引き上げるための時間が少ない
ということなので、結果的に高さが出なくなる。
(逆に遠すぎても余計危険だったりするんだけど)
BHを覚えたての頃はその間合いが掴みきれず、
跳び越え切れないんじゃないかと不安になってしまい
結局かなりぎりぎりになってから動作を開始するのでよく失敗する。
いい加減その感覚を身体に叩き込んだつもりだったが、
それが鈍ってきてるようです。

そういえば、
学内に毎日跳び越えてる植え込みがあるんだが、
リアタイヤが擦ってるらしく、
そこだけ枝が短い感じがする(笑)
またちゃんと練習しなきゃいけねーな。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-15 23:08 | ハードテイル
とある林道の出口に、車止めの鎖がかかっている。
高さは40cmほど。手頃な高さだ。
ここは飛び越えておかねば!
と、威勢よく加速開始。
鎖が近づく。
すぅっとフロントホイールを引き上げる。
両脚でペダルを蹴る。
そしてふわりと空中へ。
完璧、とはいえないが、悪くはないバニーホップだ。
眼下を鎖が通過し、柔らかく着地。
そしてみんなの喝采を浴びる。








…はずだった。
少なくとも、
僕の頭の中ではそういうシナリオが完成されていた。
しかし、現実はそう甘くはなかった。
リアタイヤが地面を離れたわずか0.5秒後、
僕はアスファルトの上に叩きつけられた。
引き上げが早かったのか、
というよりそれ以前に高さが足りなかったのか、
リアタイヤが鎖に引っかかって
極度のフロントロー状態に陥り、
前方に身体が投げ出されたのだ。
結果バイクと一緒に地面にへばりつくという悲しい結末に。

とまぁ、早い話が今週もコケたというわけです。
おかげで左肘を少しハデにすりむきました。
せっかく先週のケガが癒えてきたというのに。
最近よぅコケるなぁ、オレ。
今日はなんだかバテ気味だし。
なんかヘコむわ。
肘はヒリヒリするし。
血なかなか止まんないし。
実は一般人に見られてたし。
ていうかたかだか40cm程度のギャップを越えられなかった自分にヘコむ。
そして、特に必要に迫られた局面でもないのに飛ぼうとして失敗した、
自業自得感でさらに凹度UP。

通常の固定された物体の場合、
少々リアタイヤが接触しても大して危険ではないのだが、
クサリは、接触した際、タイヤに絡まるので非常に危険。
ほぼ間違いなく転倒します。
気をつけましょう…
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-07-24 22:00 | ハードテイル

Ice Mountain

d0027036_16171046.jpg2年ぶりくらいに行ってきました、
兵庫県最高峰。
場所は鳥取県との県境、
スキーで有名なハチ高原の
南向かいに位置する山。
山頂付近は笹の群生地で、
なだらかな美しい緑と、
360度の展望が楽しめます。

クルマを置いたら、とりあえず、登りです。
林道8km+山道2.5km。
…長ぇ。
まぁ、登るしかないんですが。
林道の登りは相当体にくるなー。
俺だけクソ重たいチャリやし。
好きで乗ってるから文句は言えんけどね。
重たいチャリやからって、その辺のクロカンバイクには負けへんで。

で、ハンガーノックになりかけながらも山頂へ到達。
さすが、標高1500mだけあって山頂付近にはまだ雪が残ってました。
あいにく雲がかかり始めて、ちょっと視界が悪かったのが残念。
それでもここの山頂は開放的でとても気持ちがいい。

さて、お隣の山までアップダウンを繰り返して少し縦走した後は、
お待ちかねの下り!
当然登った分は下れるわけで、かなりの距離を下ることができる。
しかも登り返しが全くないのがいいところ。
傾斜も全線緩やかで、誰にもおすすめできるトレイル。

下りでは、登りでの鬱憤を晴らすかのようにバニーホップしまくり。
丸太があったら バニーホップ!
段差があったら バニーホップ!
水溜りがあったら バニーホップ!
カイカンです!バニーホップサイコーです!


この山やっぱ楽しい~♪
同行した皆さんにも気に入って頂けたようでヨカッタ。
めっちゃしんどかったけど、その分めっちゃ楽しかった。
次は秋ぐらいにまた行こうかな。
でも…、今度行くときはやっぱりクルマ2台でラクしたい(笑)。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-05-29 23:13 | ハードテイル