トレイル開拓に行きたいです


by masa5trailcutter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
マニュアル
僕の持論では(何を偉そうに)
1度マニュアルとバニーホップをすれば
そのバイクの性格がすぐわかる、と思う。
バイクのジオメトリの微妙な違いが
マニュアルやバニホのしやすさという形で如実に現れるので、
この考え方は間違ってないはず。
「マニュアルやバニホができる
=体重移動がしやすい
=自分の身体に合っている」

ともいえるので、マニュアルとバニホができるバイクは
たとえ乗り慣れていなくとも、
それなりに扱えるバイクであるとも言えます。
他人の自転車借りたときはいつも、とりあえずマニュアルしてみます。
というわけでマニュアルのしやすさは
そのバイクの扱いやすさのひとつの指標になると思うのですよ。

で、STPの場合はどうかというと、
とてもマニュアルがやりやすい。
いいことです!俺マニュアル大好きやし。
もうちょっと詳しく見てみると、
フロントリフト時はやや反応が鈍い感じがする。
これはトップが長めなのが一因。
ま、フロントが軽いので苦にはならない。
一方リフト後はその状態をとても維持しやすい。
B.B.位置が高いとバランスがとりやすく、パワーがかけやすいです。
また、トップが長めなのも影響してる。
このトップが微妙に長めなのがかなりいい感じ。
いいシゴトしてるなぁ、GIANT!
[PR]
by masa5trailcutter | 2007-11-13 21:21 | ハードテイル

ファーストライド

早速昨日はSTPを駆って山へ行ってきました。
ということでNEWバイクのファーストインプレッション。
このバイクの乗り味について、僕なりに感じたことを書いてみました。
何の役に立つのかわからんけど。

その前に、比較対象のP.3とのジオメトリの違いのまとめ
P.3 : トップが短い、B.B.ハイトが低い
STP : トップが長め、B.B.ハイトが高い

おもさ
軽い~。というかP.3が重かっただけというか。
とにかくよく進む!
調子に乗ってがしがし漕いでしまいます。
フレームの構造から言うと
決して進むバイクではないはずだけど、
それを補って余りある感じ。
あと当然担ぎがとてもラク。
やっぱ軽さって大事やなぁ…(何を今さら)
ま、軽いのは前側だけで、後ろ側は軽くはない。
バイク全体としてのバランスはいいとは言えません。
これはいたしかたない。

のぼり
軽いのでよくのぼるようになったのは当然のこと。
今回のバイクではチェーンリングの歯数が
32Tのものを採用しました。
ちなみにP.3のは36T。
たった4Tの違いだけど、全然ちゃうな!
ほんっとにラクになった!
体感では労力が2/3くらい?!
のぼれるところが増えそうです。
ただ、平地や下りでは脚が余ってしゃーない。
平地はほんとスピードでないね。

くだり
下りでの性能はP.3に比べると少し劣るかな。
フォークが9mmアクスルで剛性が足りないのもあるけど、
フレームの観点から言うと、
トップが長めなのでコーナリングが多少アンダー気味。
また、B.B.が高め=重心が高めなので安定感に欠けます。
暴れるバイクを抑えるのに必死!
フレームがP.3より柔らかいので衝撃は少し減った気がするけど。
…それって、フレームがヨレてるだけなんかな。
とにかく、気を抜いては乗れないようです。
[PR]
by masa5trailcutter | 2007-11-12 23:46 | ハードテイル

ニューフェイス

俺の新しい相棒を紹介します。
d0027036_9374271.jpg

ついに俺も“チームSTP”に仲間入りです(笑
STP乗りほんと多いなぁ。

なんかP.3と用途がかぶってると言われればそうかもしれないけど、
俺にとってはけっこうな違いです。
このバイクのコンセプトはストリート&トレイル
どこでも走れてどこでも遊べる!
まー、STP(Street Trail Park)というこのバイクの名前そのままですな。
P.3ではどちらかというとハードめの
ダウンヒルやトレイルライドに主眼を置いていたため、
頑丈でけっこうへヴィーなバイクだったけど、
今回は取り回しの良さを第一に考えたバイクにしました。

主なスペックはこちら

More
[PR]
by masa5trailcutter | 2007-11-11 10:07 | ハードテイル