<   2005年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

最近の悩み

d0027036_16441768.gif僕が前々からとても楽しみにしていた
イベントがいよいよ今週末に迫ってきた。
G Downhill Marathon 野沢」である。
これは最近海外で盛んになりつつある
新しいタイプのダウンヒルで、
これまでのDH競技のように速さだけをシビアに競うのではなく、
みんなで下りを楽しもうというのが第一のコンセプトのレース。
というより、お祭り。
なので、スタートもMarathonという名のとおり、大勢で一斉スタート。
通常のDHよりも長い10kmほどのコースを走ります。
ホノルルマラソン的な感覚(出たことないけど)のレースなのです。
なので気楽に楽しく走れそうだな~と、
すんごいわくわくしてるわけです。

んで、何が悩みなのかというと。
この野沢のコースなんですが、紹介されている雑誌によりますと、
DHとXCが同時にゴールできるのがコンセプト。
ぇえ?!
ダウンヒル、じゃなかったっけ?

…どうやら確かに、下り主体でダウンヒルなのはダウンヒルなんです。
めっちゃ急な下りだってあります。
その上ゲレンデは草ボーボーで、
どんなヤツらが潜んでいるか分かりません。
でかい岩やら、水切りのミゾなんかに突っ込むとかなりヤバそう。
こんなところはDHマシンで余裕を持って走りたい。
ところが、ところどころ長めの登りもあるようで、
ばりばりのDHマシンだと相当辛そう。(動画みてね)
んまぁ、DHマシンを持っていないor持てないという方もいらっしゃるわけで、
みんなで下りを楽しもうという意味でも、
レースの敷居をあまり上げないようにという配慮なんでしょうね。

というわけで、
DHマシンで行くか、下り系ハードテイルで行くか。
なかなか悩ましい選択なのです。
今のところ、ハードテイルで行こうかなと、
思っておりますが。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-22 16:48 | MTB
--------
DeeMaxをおそうじ~
フリークラッチの爪がやばそう。
--------

さて、昨日の2本目のDHの最中、突然チャリから変な音がし始めた。
始めはどこから鳴ってるのか分かんなかったが、どうやらリアハブ。
またかよ、DeeMax!
しかもペダリングをしたときに一回だけだがクラッチが滑ったような…。
やべぇなこれは。こないだも出た症状だし。

というわけで、バラしてみる。
案の定、フリー内のグリスが水を吸ってべたべたになって
爪の動きが悪くなってる。
しかも、若干爪が欠けてるっぽい。
またか…。ヤバイ。ちっさい部品のくせに高いし。
そういえばこないだのレースでは高圧洗浄機で洗車したっけ。
んで今日は雨だし。
とりあえず爪はまだいけそうなので
キレイに掃除してグリスアップして組み直しておいた。

DeeMaxハブのフリークラッチはもともと爪のかかりが浅いらしい。
爪も小さくて、2つだけ。
シマノなんかはもっとラチェットの溝が深いし、爪も大きいそうで。
しかも軽く仕上がってるのはいいんだが、
その分作りが簡単な(というかチャチい)ので水が浸入しやすい。
まぁ確かに、俺がメンテナンスをおろそかにしたのが
悪いといえば悪いんだけど、それにしてもなぁ。
もう少し耐久性があってもいいんじゃないんかね。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-22 16:01 | メンテナンス

どろんこ

雨にもかかわらず、山下ってきた。
そない強い雨じゃなかったけど、我ながらアホやねぇ。
下ってきたところの交差点で通りすがりのおばちゃんが
僕らを見てしばらく唖然としてたっけ。
最近インテンスを作り直したSTさんが初参加。
DH仲間がまた増えると、嬉しいんだけど。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-21 23:59 | MTB

やっぱ売れんのかねぇ…

早くも、Specializedが2006年度モデルの暫定カタログを出してきた。
今の僕のバイク(P.3)もここのメーカー。
なので当然、来年のP.Seriesはどうなるのかとても気になる。

見てみてびっくり。
というか、唖然。
ダサくなってる!それもかなり。
しばらく固まってしまった。
ホントにコレがあのP.Seriesなんか?!って。
(あまりにショックなので画像はお見せできません。)

P.Seriesといえば、コアでクールなハードテイルバイクとして
初代の発売当初はかなり話題になったバイク。
ちょくちょくマイナーチェンジを繰り返しながらも、
そのコンセプト、カッコよさは変わらず、
僕もあこがれてようやく昨年末に買った。
それが、フレームからがらりと変わってしまって、
いままでのP.Seriesの面影はどこへやら。
それに確実にモノも悪くなってそう。
'05モデル買っててよかった、といえばそうなんだけど、
な~んだかなぁ。

うぅ~、これでいいのかSpecialized!
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-20 22:38 | ハードテイル

テストしてみたよ(DH)

--------
チェーン・トルク・エリミネータの装着&テスト
--------

d0027036_20471695.jpgいよいよ、完成した自作の
チェーン・トルク・エリミネータを装備!
う~ん、MRPバッシュガードと同じ
ポリッシュで、見た目もいい感じ!
さぁて、実力のほどは…?
早速テストライドに行ってきた。

…おぉ!
全然チェーンジャムしない!
しかも、チェーンと接触して音鳴りするかと
懸念していたのだが、そんなことも全然ない!全く快調そのもの♪
当然ペダリングロスもなくなり、スムースな乗り味が蘇った。
多少自画自賛気味だが、これほどうまくいくとは。
まぁまだ一回走っただけだから安心はできないが、
期待以上の成果でとりあえずはめでたしめでたし。
あとは富士見にでも行って、過酷な状況下での性能を確かめたいな。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-20 21:51 | メンテナンス

しんどー…

研究会翌日。
モチベーション下がりまくりです。
超ねむい。
さっきは2時間ほど寝ちゃうし。
今日は一向に進捗なし。
何しに大学に来たんだか。
来週から、がんばろっと。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-19 23:14 | 日記

7人だと窮屈やね(当然。)

広島出身のunoくんが、
名物の広島焼お好み焼きを作ってくれた。
うまかったです。
ありがとうございました。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-18 23:13 | 食べ物

徹夜は避けたい

世間では夏休み真っ只中。
ところが、ウチの研究室ときたら
研究会などというものが明日に待ち受けている。
仕方なく、僕らは盆休み返上で夜中まで学校で研究。
教授陣はみなゆっくり盆休みだというのに。
だいたい毎月研究会って多すぎだよな。
つーか、学生最後の夏休みが
このまま研究で潰されて
過ぎ去っていってしまいそうなのが
非常に悲しい。
二週間くらいかけて遠くに行ったりとか、
したいのになぁ。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-17 22:45 | 日記

で~き~た~♪

d0027036_0201131.jpgついに!
チェーントルクエリミネータができた!
初の削り出し自作パーツ。
ぴかぴかです。切削痕が美しいです。
苦労の甲斐あって(?)初の作品にしては
なかなかうまく仕上がったと思う。
ただ心残りなのは、
最後の最後で面取りを若干ミスったこと。
これはイタイ。ちょとショック。
でもま、機能性に問題はないし、
d0027036_022934.jpgとりあえずできたのでいっか。
それに、わざわざ面倒な方法で作った
(ていうか、それしかわからん)ので、
その分いろいろいい勉強になったし。
モノ作るってホンマに大変だなぁ。

さてさて、
部品ができてたいそう喜んでおりますが、
忘れちゃあいけません。
問題なのは、コイツが
ちゃんと当初の目的通りに機能するか
ってこと。
楽しみな反面、すっごく心配…。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-16 23:53 | 作る!

基礎バニーホップ特論

最近、バニーホップの調子がよくない。
7/24の記事では痛い目にあったことを書いたが、
どうやら知らず知らずのうちに跳び越える物との
間合いが近くなってるみたいだ。

よくよく考えてみると、
最近はバニーホップで跳び越えるor跳び乗る
という機会が減ってる。
2年くらい前までは毎晩公園でST&TRの練習をしてたけど、
最近はめっきり行ってない。
それに、DHレースを始めてからは
レースに適したBHばかりになってしまってる。

DHでBHが必要な場面といえば、
 ・急に傾斜が変化する場合にプレジャンプを入れるとき
 ・水切りなどの凹んだギャップを跳び越えるとき
 ・荒れた路面を抜重して走りたいとき
など、DHでは基本的に高さのいるBHは要求されない。
それに、いち早くフロントのグリップを取り戻して、
次のコーナリングに備えなければならないので、
必要最小限の飛距離&フロントロー着地が基本
第一チャリが重くてそんなに跳べない。

とまぁ、こんな感じで近めの間合いに
慣れてしまったんじゃないかなぁ、と自己分析。
凸なものを跳び越えるのと、
凹なものを跳び越えるのとでは
少々事情が違うのです。

高さを出すバニーホップは
思っているよりもかなり手前でアクションを開始しないといけない。
間合いが近い=後輪を引き上げるための時間が少ない
ということなので、結果的に高さが出なくなる。
(逆に遠すぎても余計危険だったりするんだけど)
BHを覚えたての頃はその間合いが掴みきれず、
跳び越え切れないんじゃないかと不安になってしまい
結局かなりぎりぎりになってから動作を開始するのでよく失敗する。
いい加減その感覚を身体に叩き込んだつもりだったが、
それが鈍ってきてるようです。

そういえば、
学内に毎日跳び越えてる植え込みがあるんだが、
リアタイヤが擦ってるらしく、
そこだけ枝が短い感じがする(笑)
またちゃんと練習しなきゃいけねーな。
[PR]
by masa5trailcutter | 2005-08-15 23:08 | ハードテイル